イマドキ☆スマホ集客&販売術by大園麗華講師

スマホ、女子

こんにちは、森山はるみです♪

今年の初めに、私が所属しているビジネスコミュニティ「マーチャントクラブ」にて、「2017販売力向上会議」と言うセミナーが開催されました。

マーチャントクラブには色んな職種の方がいらっしゃるのですが、共通していることは、インターネットを使って集客・販売をしていること。つまり、webに強い人たちの集まりです。そんなマーチャントクラブにて、今年の初めに開催されたのが、「2017販売力向上会議」。販売力のある9人の専門家が大集結し、約10時間がっつり販売力について語ってくださいました!

今回は、そこで5番目に壇上に立たれた、【大園麗華講師】のセミナーで感じたことを書いていきます♪

大園麗華さんは、2011年に起業され、初めは転売から初め、転売の女王と呼ばれるようになり、そこから徐々にビジネスの幅を広げていったそうです。

現在は、2人のお子さんを育てながらも、多くの経営者イベントなどを主催し、業種に関係なく様々な仕事に取り組んでいる方です。お堅い仕事ばかりではなく、時にはDJをしたり、時には占い師としての仕事もするそうで、自由に生きることに重きを置いているのだなぁというのが、とても伝わってきました♪

そんな大園さんのお話で一番印象深かったのが、
「本来の集客はコミュニケーションである」ということでした。

100本のメルマガより、1本の電話の大切さ

電話、女子高生、スマホ、携帯電話

大園さんは、メッセージよりも電話のコミュニケーションの重要性を熱く語っていました。そして私はそこに、とても共感しました。

インターネットを使って仕事をしていると、どうしてもメールやLineで仕事のやり取りをすることって多くなります。web関係の仕事をしていると、メールやLine、facebookを使わない日はないけど、「電話をしない日」がある人って、結構いるんですよね。

「相手の時間の都合もあるし、、電話に受けてくれないとちょっとショックだし、、うだうだ」とかいう理由で基本的にメールで済ませちゃう。

うん、それはめちゃくちゃ分かる!実際、メールやメッセージって、簡易的な伝達するのにはめっちゃ便利。分かります。

でも、本来コミュニケーションって、言葉や身振りを使ってするものじゃないですか??メッセージではなかなか伝わらないことでも、電話をしたら一瞬で伝わることって多々あります。

だから、大切なことを伝える時こそ、直接「声」を通じて伝えることが、とても大切です。
 
 
とは言っても私自身、4年前に東京に来てからは、メールやLineで事務的なやり取りすることが少しずつ増えていきました。

インターネットを通じて仕事をしていると特に、「どこかで会う→連絡」ではなく、「連絡が来る→会う」になることって多々あるんですよね。

特に最初の連絡ツールがメールからだと、「電話する」っていうことに緊張感が生まれ、そもそも電話番号を聞いていなかったりして、気づけばメッセージでやり取りすることが増えていくっていうサイクルです。

プライベートを思い返しても当てはまりました。もともと私はずーっと電話派だったのですが、大人になるにつれて徐々に、周りと時間が合わなくなり、あまり電話をしなくなりました。そうなると、仲が良かった友達とも、徐々に関係が薄れていきます。つまり、忘れていきます。そして、、忘れられていきます。。。

ふと気づけば、「あれ?あたしと気軽に遊んでくれる友達、おらんやん、、、、、!!!!!」ってことに気づきます。笑
 
 
それに、電話で15分話す内容を、メールで完全に説明しようとしたら、なかなか細かいところまで書かないときちんと理解してもらえません。「丁寧に書かないとー!マナーに沿って送らないとー!ちゃんと細かく敬語使わないとー!」っていう面倒くささもあります。

しかも、たとえメールで細かいところまで説明したところで、相手に完全に伝わるのか?といえばそうじゃないんですよね。メッセージでいくら細かく説明しても、所詮は文字の羅列

15分の電話で、生の「声」で話すのと比べれば、断然電話のほうが気持ちが伝わります。メッセージは、電話では話せなかった「補助的な部分」を補うくらいでいいんです。

そういう意味で、メルマガ100本よりも1本の電話っていうのはとても納得!!でした。

他にも幾つか納得ポイントがありましたが、そろそろ長くなってきたので、今回はこれで終わりにします♪

大園麗華さん、ありがとうございました!

ではまた次回♪


ビジネスを始めるきっかけに

Amazon総合ランキング1位「ビジネスも人生も流されていればうまくいく」女性起業家えんまりさんの書籍を、期間限定で無料プレゼントしています。 まずは一度、ビジネスをしている人の考え方に触れてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

関西外国語大学中退後、塾講師、小学校基礎学習講師を経て、心理学をもとに子どもがどうすればすすんで勉強するようになるのか日々考え、発信するようになる。 現在は定期的に、子どもがすすんで勉強するようになるセミナーを開催し、また個別で家庭教師やお母さんお父さんのコンサルティングも行っている。 セミナー開催回数15回 教えた生徒の数:小中高合わせて500人以上 その他実績: