舞浜のテーマパークをデザインした柳瀬氏にインタビュー

こんにちは、森山はるみです♪

今回は、 株式会社UD SPACEの柳瀬幸多朗さんとお話ししてきました♪

柳瀬さんは、空間デザイナーとして世界に数々の3Dデザインを提供し続けてきた方で、現在は独立されてデザイン会社を運営しつつも、埼玉県の三郷市で様々な教育活動、難病サポート、東北震災支援など、地域を元気にするためのボランティア活動にも積極的に取り組まれている方です。

そんな柳瀬氏とお話しするキッカケになったのは、柳瀬さんが市議会議員の立候補を検討していて、支援してくれる人を探している、というお声を間接的に頂いたことでした。

その時、ついぽろっと私が『お手伝いできることがあれば是非したいんですけど、その前に会ってみたい。。。』と言たことをキッカケに、早速日程を決めてくださり、お会いすることになりました♪

お忙しい中このような貴重な場を作っていただけて、柳瀬さんを初めとする皆様に本当に感謝です(^^)

柳瀬さん松岡さん

左が空間デザイナーの柳瀬さん、右が最近お世話になっている動画クリエイターの松岡さんです♪ご一緒に柳瀬さんのお話しをお伺いしました♪

(写真内で、私が堂々とど真ん中に来てしまっていて、すいません。。。w)

初めは結構緊張していて、どんな人なんだろう。。。と不安だったのですが、とても気さくな方で、人を元気にさせる力がある人なんだな、という感想でした♪

そして柳瀬氏の会の後、柳瀬さんの現在の活動やこれからの展望などもっと聞いてみたいと思い、その後カフェで数時間、質問攻めにしてしまいました。笑

舞浜のテーマパークをはじめとする、ソフトバンクやシダックスなど様々なデザインを手がけてきた柳瀬さんですが、その一方で、

子どもが元気に健康に安全に過ごしていける地域を作っていきたいという思いから、学校でデザイン教室を開いたり、難病を持つ人たちのための職業支援、子育てのための親の学習ファシリテーターなど、様々な教育事業に取り組まれいます。

私はライフワークとして常に教育に関わっていきたいという思いが強いので、柳瀬さんの教育事業への熱い思いと、その積極性にはとても興味を惹かれました。

そんな柳瀬さんが、人と関わるとき、特に子どもと関わるときに大切にしていることは、『絶対に否定から入らないこと』だとおっしゃっていました。

まず何かを言われたら、「いいね!」から始めるそうです。とても素敵な考え方で、私も見習おうと思います♪

そして、インタビューすればするほど、柳瀬さんの素晴らしさ、そして心の奥底にあるキラキラとした部分が垣間見えて、やっぱり直接お会いして良かったです!

柳瀬さん、松本さん、ありがとうございました(^∇^)
今後ともよろしくお願いいたします!

柳瀬さん

ちなみに、
柳瀬さんの赤い鼻と金髪パーマはとても目立ちますが、それでもこの髪型にしている理由があるんです。それが、なかなかの深いい話で。

、、、ここにその理由を書きたいところなのですが、少し長くなるので一言メッセージいただければいつでもお話します♪笑

活動報告が2件続きましたが、次回からは徐々に、ビジネスを始める時に私がどんなことから始めて、進めていったのかなどもお伝えしていきたいと思います。

それでは、また次回!


ビジネスを始めるきっかけに

Amazon総合ランキング1位「ビジネスも人生も流されていればうまくいく」女性起業家えんまりさんの書籍を、期間限定で無料プレゼントしています。 まずは一度、ビジネスをしている人の考え方に触れてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

関西外国語大学中退後、塾講師、小学校基礎学習講師を経て、心理学をもとに子どもがどうすればすすんで勉強するようになるのか日々考え、発信するようになる。 現在は定期的に、子どもがすすんで勉強するようになるセミナーを開催し、また個別で家庭教師やお母さんお父さんのコンサルティングも行っている。 セミナー開催回数15回 教えた生徒の数:小中高合わせて500人以上 その他実績: